So-net無料ブログ作成
検索選択

一口馬主日記 : 【結果】菊花賞...ブレイク惨敗 [ギャンブル]

当日は、久しぶりにWins横浜(京急・日ノ出町)へ
ここは20歳の頃、毎週日曜日通っていた思い出の地、相変わらず如何わしい...
あれから13年、駅からWinsまで、飲食店が目まぐるしく変わっていた
中華屋が、パキスタンインド料理屋(仲の悪い国同士の不思議な組み合わせ...)
ドンキホーテ、電気屋が立ち飲み屋、ラーメン屋どこも盛況。

毎日、頑張っているサラリーマンが、大好きな競馬に絡め、旨い酒を飲んでいた。

さて、Winsへ入り、A館を抜け、B館へ移動。
ここも13年前にはなく、迷路のような路地裏に、"おいしい煮込みあります"と言った感じで
如何わしい
1階のグッズを物色、悩んだ末
シールと、クロフネのポストカードを購入。

091025_wins.jpg
※何故今更クロフネかは、後日お知らせ致します。

そして100円単位の4階へ移動、B館はやっぱ空いてます。
フロアは全面禁煙(当たり前か)なので、割と快適に過ごせます。

いざ馬券購入、blogで宣言した通りに購入。
091025_菊花賞.jpg

カモン、14番.イコピコ
......14番?ジョッキー四位さん?、4=し、1=い?
とくだらない暗示で、気分を高める、シンジ君「逃げちゃだめだ」的なニュアンス。

いよいよレース
予想通り、9.リーチザクラウンが単騎逃げ、前半1000m59秒台、「速いのでは?」
続くアントニオバローズはかかり気味、1.スリーロールスはとても折り合いながら4、5番手

期待の18.ブレイク君は、後方でじっと脚をためる、14.イコピコは更にその後ろで脚をためる?
よどみない流れの中、リーチは最大10馬身の大逃げ、おそらく予定以上に馬が行ってしまったのでは?
豊さんはそこまで大逃げ打つつもりではなかったのでは?と思いたくなる展開

4コーナー手前から、リーチとの差もなくなり、いよいよ最後の直線
ブレイク君はいい感じの手応えでコーナーを回る....
ブレイク君、藤田騎手のGOサインにも、沈黙...あれ?
もうここからでは届かないと判断したのか、藤田騎手は次走を考慮して追わずの16着

一方優勝は、終始好意で折り合った、1.スリーロールスが1着で浜中騎手の初GI制覇となった...
この馬、血統はいいと思ってたけど、1000万勝ち上がったばかりも、前走はローズSと0.3差
そして伝説の新馬戦、アンライ、リーチ、ブエナの4着
賞金的に抽選から見事出走し、そして優勝とは...菊花賞はわからん...
ロールス最後、よれ過ぎ


<<クラブからのコメントです>> 25日の京都競馬では後方で折り合いをつけ、勝負どころから外めに出されて追われるも、脚を伸ばせず16着。「やはり大外枠はきつかったね。前走の感じから折り合いがつく自信はあったし、 うまく内に入り込めたけど、それでも勝ち馬がインコースをうまく立ち回ったのに比べると 距離のロスが大きかった。3000メートルきっちり走っている馬よりも、 100メートル以上は多く走ってしまっているからね。距離もやっぱり長かったかもしれないね。 でも中距離なら大きいところを取れる馬。今日の経験が必ずこれからに活きてくるはずだよ」(藤田騎手) 「パドックでは落ち着いていたし、いい状態に仕上げることができました。 前走時と美浦を出発前の馬体重はまったく同じだったのですが、 今回はプラス体重だったように、前回で輸送を経験したことも活きていたと思います。 今日は極端な枠からのスタートでリズムに乗った走りができませんでしたが、 年内もう1走を考えています。阪神で好走できたこともありますし、 今のところ鳴尾記念あたりがいいのではと思っています。 この馬の持つ能力はこんなものではないし、必ず巻き返しますよ」(戸田師) 結果こそ伴いませんでしたが、クラシックへのチャレンジは期待を大いに持たせてくれました。 在厩でしっかりケアを行いながら、12月5日の阪神競馬(鳴尾記念・芝1800m)を中心に調整していく予定です。

鳴尾かぁ~昔はGIIだったけど、今はGIIIかぁ、過去ダイタクリーヴァとか3歳で勝ってるな
無事優勝お願いします。
来年は、いよいよ古馬ですよ。

【レースはこちらから】


mura

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。